Phanteks Enthoo EVOLVの外装の厚さは車並み

7年程お世話になってたPC  E-GG+(エッグプラス)エディオンとマウスコンピューター共同企画のパソコン

型番EGPI726G6B20P
スペック 
OS win7  
CPU Core i7 2600   グラボ  NVIDIA GeForce  GTX460 
RAM 8GB  HDD 2TB  
DRIVE ブルーレイ

頑張ってくれました。(当時の画像無くてすいません)
ガンオンとかもしてたなー。(途中からブルスク頻発して)
オンラインゲームしなくなったけど・・・。

その後、グラボをNVIDIA GeForce  GTX750Tiに乗せ換え、初のデュアルモニター  にした事で、すこぶる便利になったしウインドウ切り替えの煩わしさから解放。

一方の画面はネットで調べ物をしながら、もう一方の画面では入力作業が出来るんだもんねー。    素晴らスィー

1年前にはPhanteks(本社 オランダ)のPCケース Phanteks Enthoo EVOLV(PH-ES314E_WT)に交換して気分転換 (写真 寄り過ぎですが・・・)

Phanteks Enthoo EVOLV良かった点
・このPCケースの特徴は外装が肉厚のアルミ製で、自動車のボンネットより厚いんじゃないかと思う程のしっかりした造りなので変形する事は、まずない。 フロントパネルを外し、緑色に塗装して自分の左肩につければ、気分はザク  (笑)
                         

・ 何と5インチベイが背面上に取り付け可能です(フロントのデザインが損なわれない)。個性的で、なおかつ外付けの光学ドライブは嫌じゃー という方には良い。 (ただし当然トレイが後方にスライドするので机の下にpcを置く人はDVDディスクの取り出しは困難。)

・サイドパネルが冷蔵庫?の様に開きメンテナンスが楽

・フロントパネルのLED(赤 緑 青)は、変更可能で夜は綺麗です。 ・フロントFAN20cm で羽が大きく、低回転でもよく冷え静か。

残念な点 ・マーザーボードはMicroATXまでしか対応しない。 ・右側面に電源スイッチやヘッドホンジャック、USBポートがあるので右側を壁につける設置は、お勧めできないが壁との隙間が7cm程もあれば慣れる。

デザイン面での注意点!
※PHANTEKS Enthoo EVOLVシリーズの中でも、このケース(PH-ES314E_WT)のみ、フロントパネルのデザインが微妙に違うので購入時には自分の好みに合っているか確認する必要がある。(フロントパネルの上下が出ているデザインなので縦長に見え、ずっしり感は軽減される)

総じて良いPC&PCケースだったと思う。

次回も、のんびり行きます。

目次
閉じる