HHKB購入後にするべき重要なポイント(英語配列の場合)

HHKB(英語配列)のキーボードなので一部のキー@マーク等が刻印どおりに表示されない。これは、これは困った。
PFUの公式サイトからHHKB キー配列切替ツールが無料ダウンロードできるので (「HHKBキー配列切替ツール」でネット検索するとPFUのサイトが上位に表示されます ) 利用しました。

HHKBキー配列切替ツール(英語配列と日本語配列を簡単に切り替えられる)
  1. HHKBキー配列切替ツールのソフトウェア使用許諾契約の青文字をクリックして契約内容を読んで一番したの同意するボタンを押す。
  2. HHKBキー配列切替ツール(HHKBCNG V1 1.EXE をダウンロードする)
  3. Windows10の場合はデスクトップ一番左下のWindowsアイコンを右クリックしてエクスプローラーを左クリック。
  4. ダウンロードフォルダの中にあるHHKB V1 1 ファイルをデスクトップ画面にドラッグしてアイコンを1回クリックする。
  5. HHKBCNGというキーボードの絵のアイコンが表示されるのでこれをさらにクリック。(デバイスに変更を加えることを許可してもいいかと聞いてくる場合ははいをクリック)
  6. 切替のウインドウが表示される。(表示されない人は別に開いているウインドウを最小化するか左右にずらせば下にあるはず)
  7. 英語配列を選んで適用を押す。
  8. PC再起動する。
最重要ポイント

ダウンロードしたファイルは必ずデスクトップ上に配置してクリックする事。デスクトップ上にファイルを配置せずに無理やりやろうとするとDOS画面が開いて先に進めなくなります。

後入れソフトを入れたくない人(Windows10の場合)

Windows10の場合のキー配列設定方法

デスクトップ左下のスタートメニュー 設定時刻と言語言語 → 優先する言語の日本語オプション → キーボードレイアウトのレイアウトを変更する英語キーボードを選んで再起動。

コッチの方が簡単かもしれませんが私はHHKB専用のキー配列変換ツールを使用しました。(専用ツールが無料で配布してあるという理由だけですが)

英語配列のキーボードにも慣れておけば海外の人との打ち合わせやプレゼンで使用するキー配列が違ったとしても慌てなくていいかもしれませんね。HHKBの英語配列を使用しているだけで何だかエンジニアになったような気分にもなりますしテンション上がります。