何故にアームにこだわるのか

何故にアームにこだわるのか?

  1. 落下防止・揺れ対策
    安全面地震大国日本では、常に地震の脅威にさらされており、PCモニターやキーボードでさえも机からの落下破損の可能性がある。
    6面マルチモニター等の極端な多面配置はアームの支柱や固定部分に不安はあるが、基本的な横配置のみで重量のある安定した机に固定していれば少々の揺れには対応できそう。
  2. 空間の有効活用
    狭い(我が家)日本の居住空間で少しでも開いている空間を活用。上下左右は好みの位置に設置でき、自由度が高い。(特に高さが低いデスクでの前方視界は良好)
  3. 低コスト
    キーボードの高さや方向を合わせる為に昇降式デスクの購入を検討するが、予算オーバー。キーボードだけでも前後上下に動かせるアーム化を行い。コストも抑えらえる

※今後は、音声認識により電動で設定位置に移動(挟み込み防止の圧力センサー安全装置付き)するアームやデザインに優れたアーム。アーム専用のデスク(ある程度の重量があり自由な場所にグロメットで固定できるようにプラスチックの蓋がついた穴が複数あるデスク)が発売されるといいなー。なんて勝手に考えてます。 まあ、販売されても高くて買えないか・・・。

目次
閉じる