アカウントって気付いたらメチャ増えてた件

社会人なのに小遣いは増えずにアカウントだけ増えてどうするの俺

あーまったく。便利な世の中になったもんですね。PCでポチれば数日後には自宅に届くし買い物もネットがかなりの割合を占めてきましたよ。

ただねー実際これっていう商品は特定のサイトにしかない場合も多くてその都度わざわざアカウント取得して購入したりするもんだからアカウントの嵐になっている人も多いのではないですかね。

私も最初は適当なノートにアカウントのメールアドレスやパスワードをなぶり書きしていたんですが、あまりの多さにまいってしまいました。

同じ名前のIDやパスワードは流出した場合のリスクを考えると止めた方がいい。
かくいう私も以前、利用していた某サイトから情報が流出したとの報道があってグーグルのアカウントにも関連つけていたもんだから大変だったんですよ。

多少、面倒でも1サイトにつき1つのパスワードにする事はセキュリティの面からも守ったほうがいいです。
今現在は、エクセルの一覧表でまとめています。

アカウント管理の注意点
  • アカウントをまとめたエクセルで作成したファイルはPC内には残さずフラッシュメモリーに保管する。
  • 基本は紙に印刷してクリアファイルに挟める。
  • パスワード等をまとめた一覧表等は画像としてもPC内に残してはいけない
  • スマートフォン内にアカウント情報ファイルを入れたままにしておくのはもってのほか。
  • カスペルスキーやノートン等のセキュリティソフトは今の時代必須
  • リモート設定は極力使用しない。
  • 2段階認証が設定できるサイトは積極的に利用する。
  • 金融系の情報は別のファイルにまとめ厳重に管理する。
  • ネットショッピングで使用するアカウント情報はメールアドレス等は基本ダダもれすると思って使用し捨てるつもりのメールアドレスを1つ以上作る。
  • デスクトップPCをメインで使用している人は可能であればメールアドレスは5個以上は欲しいところ。
  • 所持しているメールアドレスの重要性の順位を自分でつけて管理する。
  • 金融系(重要系)のメールアドレスとショッピングのメールアドレスを共有しない。迷惑メール設定で多少は回避できるがアドレス情報の重みが違うので分けるべき。
  • グーグルアカウントは重要なアカウント(基本変更はできないもできないもの)として必ずパスワードやメールアドレスは独立させる。
    グーグルアカウントでサインインさせようとするサイトが多いが安易に流用せず面倒でも他の順位の低いメアドで登録する。

なんでもデジタルがいい訳では無い

デジタル情報管理でキャッシュレスなんかいいようにも思われていますが管理方法しだいですよね。
簡単に情報を抜かれる可能性もありますし。

最大のデメリットは家族が知らないネット銀行や期限付きのポイントを持っていたとして、本人が不幸にも急に亡くたった場合や認知症により口座やポイントの存在がわからなくなり放置される可能性が大きいって事ですよね。


デジタル資産を管理するのであればネット銀行や仮想通貨、FXのポジション、各サイトでのポイント等の情報をまとめた用紙を金庫の中に入れておくべきでしょうし、およその金額を記載しておくと事で家族が業者に依頼してまとまった金額を払ってでも回収したい資産かどうかの判断にもなります。

アナログですが銀行の通帳は資産としての存在はすぐに分かる点では強いですのである程度の金額になればネット上にある資産を通帳に移動させるのもいいかもですね。